ReN

Profile

シンガーソングライター「ReN」
Birth 1994.2.28

10 代でイギリスにプロスポーツ選手を目指し渡英。大怪我による挫折を経験の後に武者修行中にラジオで聞いていたUK ミュージックに感銘を受け、20歳からシンガーソングライターの道を志す。

ReNの紡ぎ出す、ストレートに突き刺さり且つ渡英経験を活かした和洋折衷でハイブリットな歌詞とジャンルレスなサウンドは多方面からの共感を獲得し、また国境を越えて評価を受けており、またライブではギター1 本でステージに立ち、研ぎ澄すように奏でるアコースティックギターの1音1音をループステーションやエフェクターを駆使して重ね合わせ、バンドサウンドを紡ぎ出す演奏スタイルは見る者を魅了してやまない。
2015 年には関東圏を中心に1年間で102 本のライブを行う『百戦蓮磨 2015』を達成。その中でFUJIROCKFESTIVAL’15 などにも出演を果たす。

2016 年6月に満を持して、自身初の1stAlbum『Lights』をリリース。

2017 年 Space Shower TVの「New Force 2017」へ選抜され、ONE OK ROCK「Ambitions Japan Tour」福岡公演へも参加。
同年、2nd Full Album『LIFE SAVER』をリリース。  収録曲の「Life Saver」はiTunes やSpotify などでも1位にランクイン。初の全国ワンマンツアーを13箇所で行い、チケットは開催2ヶ月前にして即完させる。

2018年には初のEP『存在証明』をリリース。収録曲の「Aurora」は初の書き下ろし楽曲となっており、『AbemaTV オリジナルドラマ 進出記念作品#声だけ天使』の主題歌となった。またEP を提げた"Existence"Tour を決行し、ツアーファイナルはマイナビ BLITZ 赤坂にて開催。

2019年ReNとしては初めてのトライとなる海外制作にて生まれた「HURRICANE」をワーナーミュージック・ジャパンよりリリース。日本テレビ系「スッキリ」にて生出演、生パフォーマンスが話題となる。また自身の音楽キャリアルーツの1つとなる会場でのワンマンライブツアー「衝動」を企画し大阪BIG CATと新木場STUDIO COAST を超満員で埋めることとなった。
同年、「HURRICANE」を収録した EP『Fallin’』をリリースするや iTunes オルタナティブ部門で1位を獲得。TBS系「COUNT DOWN TV」、フジテレビ系「Love music」での演奏やNHK「あさイチ」での生パフォーマンスが話題となる。
EPを提げたHURRICANE ツアーは2020年2月の追加公演も大好評の中進行していたが、3月1日(日)に予定されていたZepp Diver City でのツアーファイナルが新型コロナウイルスの拡散防止のため9月23日(水)に一度延期になるも、4月16日(金)に再延期に。  

2020年、世界が飲み込まれた不安、先の見えない現実を前に、ReNが”今”を感じ、人とのつながり、人を想うことなど、普段見失いがちな当たり前のことに気付かせてくれるようなNew Digital Single「We’ll be fine」(合計3バージョン)を6月から7月にかけてリリース。同曲はYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」でもパフォーマンスをして話題となる。

1st Album『Lights』リリースから5年目の節目を迎える2021年。
新曲「Running Forward」がテレビ東京 金曜8時のドラマ「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」(初回放送2021年1月15日- 毎週金曜20:00-)の主題歌に決定!どんな時でも諦めず明日を見続け、前を向きひたむきに戦う人々へ送る力強い内容の楽曲に仕上がっている。同曲は1月15日(金) にリリース!
 

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS