Szymon Komasaシモン・コマサ

Discography

Polish Love Story / ポーランド作曲家による愛の歌【輸入盤】

0190295570620 szymon komasa

Polish Love Story / ポーランド作曲家による愛の歌【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2019.03.22 発売/9029.5570620

ポーランドのバリトン歌手シモン・コマサは、ポーランドで声楽を学び、さらにロンドンのギルドホール音楽院と、ニューヨークのジュリアードで学んでおり、カリスマ性と魅惑的なドラマを演ずる歌手として高い評価を得ています。このアルバムは彼のデビューアルバムで、すべての感情の中で最大のものとして、ポーランド作品の中からの「愛」に関したものが選ばれています。。
「コマサの音楽に対するアプローチは非常に優れており、自分独自の方法で通訳を試み、人間の感情や感情をより深く掘り下げます。音楽、映画、ビジュアルアート、さらにはファッションの分野でも芸術的センスをもった家族の影響により、すべての芸術を衝突させて結び付けています。彼は自分が演じるそれぞれのキャラクターをまるでそれが映画の役割、あるいはそれ以上であるかのように・・・」と、高い評価を得ています。

 
【収録予定曲】
1-2) フレデリック・ショパン(1810-1849):『二人の死』『私の見えぬところに』、
3-4) スタニスワフ・モニューシュコ(1819-1872):『老人と老婆』『おお、私の母よ』、
5-7) スタニスラフ・ニェヴィアドムスキ(1859-1936):『私が変わったら』『私たちの間では何も起こらなかった』『二つの言葉』、
8-9) ミェチスワフ・カルウォーヴィチ(1876-1909):『官能的な詩から』『私に話を続けて』、
10-11) カロル・シマノフスキ(1882-1937):『久びさに夢見る時』『あなたは死んでなんかない』、
12-13) グラジナ・バツェヴィチ(1909-1969):『薔薇』『孤独』、
14-17) タデウシュ・バイルト(1928-1981):『4つの愛のソネット』、
18) ヴィトルト・ルトスワフスキ(1913-1994):『タランテラ』、
19) パヴェウ・ミキェティン(1971-):『ハンスの嘆き』、

【演奏】
シモン・コマサ(バリトン)、
オスカル・イェジョル(ピアノ)、

【録音】
2018年8月8-10日、
ポーランド、ルスワビツェ、ヨーロピアン・クシシュトフ・ペンデレツキ音楽センター、
 

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS