Thibaut Garciaティボー・ガルシア

Profile

フランスのトゥールーズに生まれたティボー・ガルシアは7歳でギターを弾き始める。スペイン人の血統が彼の考え方に大きな影響を与えている。トゥールーズに学び、ルノー・グラスのクラスで室内音楽の学位と、パウル・フェレのクラスで特待生としてギターの学位を得ている。16歳でパリ国立高等音楽・舞踏学校(CNSMDP)に入学し、オリヴィエ・シャサンに師事して優秀な成績で学士号を得た。ジュディカエル・ペロワのプライベート・レッスンも受けている。

21歳でティボーはいくつかの国際的コンテストの賞を獲得した。
* GFA国際コンテストで1位:2015年アメリカ・オクラホマシティ。
*「ホセ・トマス」国際コンテストで1位:2014年スペイン。
* セビリア国際コンテストで1位:2013年スペイン。
*「テラ・シクロラム」国際コンテストで1位;2013年ルーマニア。
*「アナ・アマリア」国際コンテストで1位:2011年ドイツ・ヴァイマール。
*「ヴァジャ・デ・エゲス」国際コンテストで1位:2008年スペイン。

2013年のセビリアの国際コンテストで1位になり、2014年にスペインの「ホセ・トマス」国際コンテストで1位になったおかげで、ティボーは世界中(フランス、スペイン、イギリス、ドイツ、ルーマニア、ハンガリー、カナダ、アメリカ、ブラジル、ギリシャ、アルゼンチン、メキシコ、ロシア、中国……)から招かれて演奏を披露している。
彼は2015年にアメリカのギター・ファンデーション(GFA)の1位を獲得したばかり。このGFAのコンテストはクラシック・ギターの世界でもっとも権威があって尊敬を集めているイベントのひとつだ(50以上のコンサートを行なって、カーネギーホールでのリサイタル、ナクソスでのレコーディング、GHAでのレコーディング、メル・ベイとのコラボレーションをアメリカで勝ち取った)。
ティボーは音楽家ジャン=フランソワ・ジゲルの招きでフランス2放送のテレビ番組『la oute a musique』で演奏し、2015年12月にはガイユ・ル・ガリの番組『France Musique』にも出演することになっている。彼はチャールズ・クロス・アカデミーの『Godchild(名付け子)』の栄誉を受けた。

彼の最初のCD『Ddmain des L’aube』は2014年にコントラスツ・レコーズから発表されている。次なるCDは2016年にナクソスから発表され、そのあとすぐGHAからのCDも出る予定だ。

音楽制作に深く関わっている彼には、ジャン=フレデリック・ヌーブルジェとヴィンセント・A.ジョキンによる作品のワールド・プレミアを行なうプロジェクトもある。ほとんどの場合、ソロのリサイタルをやっている彼だが、いくつかのアンサンブルで他のアーティストとコラボもしていて、アントイネ・モリニエールとのギター・デュオ、ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ(ピアノ)とラファエル・セヴェール(クラリネット)、アントイネ・モリニエール(ギター)とのカルテット、ヴァイオリンやチェロとの共演なども行なっている。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS