twenty one pilotsトゥエンティ・ワン・パイロッツ

Profile

JOSH DUN ジョシュ・ダン
TYLER JOSEPH タイラー・ジョセフ

デトロイトと肩を並べる自動車工業都市オハイオ州コロンバスから飛び出した21世紀型ニュー・ヒーロー。2011年、ローカル・バンドとしては初めて1700人キャパの会場をソールド・アウトさせ、このニュースは一晩で全米中を駆け巡り、音楽業界から注目される存在に。結果、名門レーベルであるフュエルド・バイ・ラーメンと契約。2012年、アルバム・リリース前にも関わらず出演したFUJI ROCK FESTIVAL '12ではレッドマーキーを満員にするほどの注目を集める。同年12月にアルバム「ヴェッセル」を世界に先駆け日本先行でリリース。アメリカではリリース直後にSound ScanとBillboardチャートで1位にランクイン。その後アメリカン・レコード協会より収録曲全てがゴールド以上の認定を受けるという史上初の快挙をデビュー・アルバムで果たしている。日本では収録曲「GUNS FOR HANDS」が「RIGHT-ON 2012A&W」テレビCMイメージソングに起用される(その後、「Lovely」もCMで起用される)。

2013年2月には初の単独来日公演を東京と大阪で行ない、2014年はSUMMER SONICに出演。一気に知名度急上昇!!海外でもFacebookの「Say love you better」キャンペーンのCMスポットで彼らの楽曲が使用されたり、MTV主催の映画授賞式「2014 MTV Movie Awards」に出演、AP MAGAINEの表紙を飾るなど、メディアへの露出も増えていく。

2015年に発表した2枚目のアルバム『ブラーリーフェイス』には、ダブル・プラチナ獲得の「テア・イン・マイ・ハート」、USチャート1位を獲得した「ライド」、そしてプラチナ・ディスクを7回受賞した「ストレスド・アウト」など数々のヒット・シングルが収録されている。「ストレスド・アウト」は全米シングルチャート最高2位まで駆け上がり、ラジオ局“Modern Rock”のオフィシャル・チャートでは3か月間連続1位、そしてラジオ・チャートで首位を長期間にわたってキープした。彼らの代表曲ともいえる「ストレスド・アウト」は、現在に至るまでオーストラリア、カナダ、UKを含む14カ国でゴールド認定以上を獲得。同曲のミュージック・ビデオもYouTube上だけで2018年7月現在で13億再生回数を突破。「ライド」は“Modern Rock”のオフィシャル・チャートで5週間連続1位を記録、全米シングル・チャートでも最高5位を獲得し、アメリカだけでプラチナ・ディスクを4回受賞している。

2016年8月には、大ヒット映画「スーサイド・スクワッド」のサウンドトラックに新曲「ヒーゼンズ」を提供。このアルバムはビルボードのアルバム・チャートで1位を獲得し、「ヒーゼンズ」自体もり全米シングル・チャートを4週間にわたり2位をキープ、「ホット・ロック・チャート」では28週間連続1位という記録を樹立した。

アメリカン・ミュージック・アワードやビルボード・アワードなど、数々の賞を受賞してきた彼らは2017年第59回グラミー賞において、「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス」で初めてグラミー賞を受賞。ステージでズボンを脱ぎパンツ姿になり、感動のスピーチを行ない拍手喝采を受けた。
(  https://wmg.jp/twentyonepilots/news/75129/

そして2018年7月11日、突如ニュー・アルバム『トレンチ』の発表(10月5日全世界リリース)、そしてシングル「ジャンプスーツ」と「二コ・アンド・ザ・ナイナーズ」を公開し、サプライズ・カムバックを果たした。

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS