4986 r

Valery Gergievワレリー・ゲルギエフ

Latest Release

  • SINGLE
  • 配信限定
  • Other

ワレリー・ゲルギエフ & ミュンヘン・フィルStravinsky: Funeral Song / ストラヴィンスキー:葬送の歌(ハイレゾ有)

イーゴリ・ストラヴィンスキーが1908年に作曲した管弦楽曲で、師であるニコライ・リムスキー=コルサコフの追悼のために書かれた。紛失したと思われていたが、2015年に再発見された作品。2016年12月2日、サンクトペテルブルクでゲルギエフ指揮のマリインスキー劇場管弦楽団によって再演された作品。

2020.03.27 配信/746935760007

ワレリー・ゲルギエフ & ミュンヘン・フィルMahler: Symphony No.8 / マーラー:交響曲第8番【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2020.01.17 発売/8709.997426

もっと見る

 マーラーの大作「交響曲第8番」が初演されたのは「ミュンヘン博覧会1910」と題された音楽祭でした。ほぼ4か月間に渡る大規模な音楽祭のメインイベントとして企画され、9月12日、13日ともに3000枚の切符が初演2週間前には売り切れたというほどの人気を獲得しました。もちろん初演は大成功。嵐のような熱狂が30分近くも続き、マーラーにとっても記憶に残る勝利の瞬間だったのです。  この初演を担ったのが、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の前身であるカイム管弦楽団であり、以降、マーラーの第8番交響曲はオーケストラにとっても大切な作品となり、幾度となく演奏され続けています。とりわけ、2018/2019年のオーケストラ創立125周年記念シーズンでは複数回のコンサートが開催された中の一つで、フィルハーモニー・ド・パリでのライヴが、このアルバムに収録されたものとなります。 「千人の交響曲」とも呼ばれるほど大規模な編成を持つだけでなく、至るところに複雑な対位法が仕組まれたマーラーの作曲技法が極限まで駆使されたこの作品、全てを掌握するのは指揮者にとっても大変ですが、オペラを得意とするゲルギエフは、物語の流れを重視し、聴き手をぐいぐいと作品に引き込んでいきます。とりわけ第1部での厳格なフーガでの息を飲むような迫力はゲルギエフならではの仕上がり。第2部でもゲーテの「ファウスト」の最後の情景が迫真の響きで描かれていきます。独唱者、合唱、オーケストラ、全ての奏者たちの持てる力を集結した素晴らしい演奏です。  

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify
LINE

ワレリー・ゲルギエフ & ミュンヘン・フィルR.Strauss :Till Eulenspiegels lustige Streiche / R.シュトラウス:ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら(ハイレゾ有)

  • SINGLE
  • 配信限定
  • Other

2019.05.31 配信/MPHILDIGI0010

もっと見る

【収録曲】 R.シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』Op.28 【演奏】 ワレリー・ゲルギエフ(指揮) ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 【録音】2016年9月20-23日、ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニーでのライヴ

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify

ワレリー・ゲルギエフ&ミュンヘン・フィルBruckner: Symphony No.9 / ブルックナー:交響曲第9番 【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2019.04.19 発売/8709.997411

もっと見る

《ゲルギエフ&ミュンヘン・フィルの、リンツ、聖フローリアン修道院でのブルックナー・ライヴ》 ミュンヘン・フィル自主制作録音盤、2015年9月より首席指揮者に就任したワレリー・ゲルギエフとミュンヘン・フィルならではの重厚なパワーときらめくような優雅さ、美感をも引き出す練達のゲルギエフの熱血指揮に応えるべく、弦も管も打楽器ももてる最高のものを出し尽くした集中力と緊迫感によって、深く熱く濃密となったこの新コンビの音楽は非常に高い評価を得ています。前年に収録され発売済みの「交響曲第1&3番」では、「伝統的なブルックナー特有の神秘性や宗教性を抜けだし、素朴な美しさと推進力が融合された画期的な解釈」。また「教会の残響と各楽器が絶妙なバランスで、まったく混濁することのない録音」と演奏・録音の面でも高い評価を得ています。 この録音では、CPO や BIS などのレーベルで高い評価を受けるエンジニアStephan Reh 氏が担当。マスタリングは、ECMの監修の下で新マスタリングを担当し、キース・ジャレットの諸作にかかわってきたエンジニア、クリストフ・スティッケル氏が担当しています。 「交響曲第9番」は、第3楽章までの未完に終わっており、ブルックナーは献辞として楽譜に「愛する神に捧ぐ」(Dem lieben Gott)と記載しました。未完成ながら、この曲はまるで宇宙の音楽のような圧倒的世界が展開されています。ゲルギエフは、ブルックナー自身がオルガニストを務めた聖フローリアン教会のオルガンと合唱の響きとオーストリアの豊かな自然が反映された敬虔としていることを映し出しています。この壮大なサウンドによる音楽絵巻を、緊張感を保ちながらスケール豊かに演奏されています。  

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
Amazon Music
Google Play Music
mora
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Amazon Music Unlimited
Google Play Music
Spotify
LINE

Playlistおすすめプレイリスト

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS