3343 r

Antonio Pappanoアントニオ・パッパーノ

Latest Release

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

イアン・ボストリッジ&アントニオ・パッパーノRequiem, The Pity of War / レクイエム ~ 戦争の悲哀【輸入盤】

 2018年11月11日は第一次世界大戦が終結してから100年を迎える日。ワーナー・クラシックスを代表する音楽家、ボストリッジとパッパーノはこの日のために4人の作曲家の歌曲を集め「レクイエム」と名付けて世に問います。  全19曲からなる収録曲は、いずれも19世紀の終わりから20世紀、第二次世界大戦の開始に至るほぼ50年に渡って作曲されたもの。大戦が始まる前にこの世を去ったマーラー以外は、全て戦争体験者であり、クルト・ヴァイルはドイツから亡命、ルディ・シュテファンとジョージ・バターワースの2人は戦争で命を落としています。  しかし、ボストリッジは「これらの歌は世界大戦から直接影響を受けているわけではない」と指摘し、独自の解釈で全ての歌を歌い上げます。バターワース、シュテファンの歌では、いつもの溢れるような表現力は抑えめに、淡々と、時には甘さや妖艶さも込めながら曲の持つ味わいを表現しています。ホイットマンのテキストに曲を付けたヴァイル作品でも、ブロードウェイのミュージカルを思わせる派手な歌い方の中に、甘さと冷静さを感じさせる歌唱が見事です。  しかしマーラー作品では一転、ボストリッジ、自家薬籠中の物である表現力の高さが炸裂。「Revelge=起床ラッパの意味」では凄惨な行進曲のリズムに乗って、死に向かって突き進む少年の生きざまが、まるで目の前で見ているかのように語られていきます。 伴奏のパッパーノのピアノも超絶的に素晴らしい演奏。普段はオーケストラを自在に操るパッパーノ、ここでもピアノから重厚で多彩な響きを紡ぎ出し、時にはボストリッジを超えるほどの雄弁な表現力を見せ、作品に対する熟考のアプローチを見せまています。戦争に対する普遍的な悲しみ、恐怖だけでなく、隠された死への甘美な憧れまでにも光をあてた魅力的なアルバムの登場です。  

2018.10.26 発売/9029.566156

Antonio Pappano/アントニオ・パッパーノBernstein: Complete Symphonies / バーンスタイン:交響曲全集(UHQCD)

  • ALBUM
  • CD

2018.08.08 発売 ¥3,800+税/WPCS-13788/9

もっと見る

《バーンスタイン生誕100年記念~アントニオ・パッパーノ指揮による交響曲全集が新登場!》 1990年に死去したバーンスタインは、アメリカの最初の偉大な指揮者であり、カリスマ的なコミュニケーターとしてだけではなく、アメリカの文化的な「人種のるつぼ」を代表する作曲家として、20世紀の音楽における決定的な「力」をもっています。 交響曲第1番『エレミア』は、ユダヤ教の典礼音楽を素材として、ユダヤ民族離散のきっかけとなったバビロニアによるエルサレム破壊と、それに対する預言者エレミアの哀歌(預言、預言、嘆き)が扱われています。「エレミアの悲鳴は、愛するエルサレムを悲しんで、救いの手を切った後、滅び、略奪され、不名誉にされた」とバーンスタインは語っています。 交響曲第2番『不安の時代』は、ニューヨークの酒場で邂逅する孤独な3人の男とひとりの娘の精神的遍歴を通して、現代に生きる不安と信ずるに足るものの探求を描いたWH・オーデンの暗示に満ちた詩に基づいています。「主人公が現代的な雰囲気で分析しているオーケストラに対して、自伝的主人公を提供している。特にピアノが重要な役割を果たしている」とバーンスタインは語っています。 交響曲第3番『カディッシュ』は「聖なるもの」を意味しており、ユダヤ教の祈りのこと。作曲中にケネディ大統領が暗殺され、完成後、レクィエムとして捧げられています。その言葉は悲しみでなく、むしろ神に栄光を与え、人生を確信させています。「様々なものがクライマックスに向かって苦しみを経て、別の種類の信念を再確認するように徐々に解決するにつれ、それはさらに革新的なものとなる...それは音楽でも同様。それは最初12音だった音楽が、ゆっくりと徐々に音楽的な音楽に進化した」とバーンスタインは語っています。バーンスタインのルーツであるユダヤ的な題材扱った作品で、彼独自の世界を形作ったものですが、バーンスタイン自身が書いたナレーションの英語のテキストは、信仰との個人的な闘いの劇的な表現で締めくくられています。 バーンスタインは、ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団を1948年に初めて指揮をし、1983~1990年の間、名誉総裁を務めました。またパッパーノはアメリカに渡りピアノや作曲を学び、タングルウッドで指揮を学び、1980年代半ばにバーンスタインとローマでインタビューなども行っています。 「これらの交響曲は、残念なことにどこでも頻繁に演奏されるわけではありません。しかし、この作品の中には誠実さが含まれています。バーンスタインは、演奏家、学者、哲学者、信者であり、ミュージカルやオペラ作曲家としても信じられないほどの才能を持っていました。この3つの交響曲は、それぞれ違った時代に書かれ、その世界情勢も異なっていました。それらを反映しながらも、常に贖いを取り戻そうとしています。その贖いの必要性から、心の平和と魂の平和を再発見することができます。それは彼にとって非常に重要でした。彼はベートーヴェンやマーラーのように、人間の兄弟愛に対する欲望で満たされたいと思っていました。音楽は社会にとって不可欠な要素だったのです」と、パッパーノは語っています。 ベアトリーチェ・ラナ、マリー=ニコル・ルミュー、ネイディーン・シエラの新鋭演奏家。ソプラノ大御所歌手ジョゼフィーン・バーストウが語り、サンタ・チェチーリア管の首席クラリネットのアレッサンドロ・カルボナーレらがソリストとして参加しているのも注目。パッパーノはこの演奏・録音に関して「バーンスタインへの感謝」を表現しており、最高で最新の演奏をバーンスタインへの贈り物としています。  

Buy

Amazon
TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify
LINE

Antonio Pappano/アントニオ・パッパーノBernstein: Complete Symphonies / バーンスタイン:交響曲全集【輸入盤】

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

2018.08.10 発売/9029.566158

もっと見る

《バーンスタイン生誕100年記念~アントニオ・パッパーノ指揮による交響曲全集が新登場!》 1990年に死去したバーンスタインは、アメリカの最初の偉大な指揮者であり、カリスマ的なコミュニケーターとしてだけではなく、アメリカの文化的な「人種のるつぼ」を代表する作曲家として、20世紀の音楽における決定的な「力」をもっています。 交響曲第1番『エレミア』は、ユダヤ教の典礼音楽を素材として、ユダヤ民族離散のきっかけとなったバビロニアによるエルサレム破壊と、それに対する預言者エレミアの哀歌(預言、預言、嘆き)が扱われています。「エレミアの悲鳴は、愛するエルサレムを悲しんで、救いの手を切った後、滅び、略奪され、不名誉にされた」とバーンスタインは語っています。 交響曲第2番『不安の時代』は、ニューヨークの酒場で邂逅する孤独な3人の男とひとりの娘の精神的遍歴を通して、現代に生きる不安と信ずるに足るものの探求を描いたWH・オーデンの暗示に満ちた詩に基づいています。「主人公が現代的な雰囲気で分析しているオーケストラに対して、自伝的主人公を提供している。特にピアノが重要な役割を果たしている」とバーンスタインは語っています。 交響曲第3番『カディッシュ』は「聖なるもの」を意味しており、ユダヤ教の祈りのこと。作曲中にケネディ大統領が暗殺され、完成後、レクィエムとして捧げられています。その言葉は悲しみでなく、むしろ神に栄光を与え、人生を確信させています。「様々なものがクライマックスに向かって苦しみを経て、別の種類の信念を再確認するように徐々に解決するにつれ、それはさらに革新的なものとなる...それは音楽でも同様。それは最初12音だった音楽が、ゆっくりと徐々に音楽的な音楽に進化した」とバーンスタインは語っています。バーンスタインのルーツであるユダヤ的な題材扱った作品で、彼独自の世界を形作ったものですが、バーンスタイン自身が書いたナレーションの英語のテキストは、信仰との個人的な闘いの劇的な表現で締めくくられています。 バーンスタインは、ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団を1948年に初めて指揮をし、1983~1990年の間、名誉総裁を務めました。またパッパーノはアメリカに渡りピアノや作曲を学び、タングルウッドで指揮を学び、1980年代半ばにバーンスタインとローマでインタビューなども行っています。 「これらの交響曲は、残念なことにどこでも頻繁に演奏されるわけではありません。しかし、この作品の中には誠実さが含まれています。バーンスタインは、演奏家、学者、哲学者、信者であり、ミュージカルやオペラ作曲家としても信じられないほどの才能を持っていました。この3つの交響曲は、それぞれ違った時代に書かれ、その世界情勢も異なっていました。それらを反映しながらも、常に贖いを取り戻そうとしています。その贖いの必要性から、心の平和と魂の平和を再発見することができます。それは彼にとって非常に重要でした。彼はベートーヴェンやマーラーのように、人間の兄弟愛に対する欲望で満たされたいと思っていました。音楽は社会にとって不可欠な要素だったのです」と、パッパーノは語っています。 ベアトリーチェ・ラナ、マリー=ニコル・ルミュー、ネイディーン・シエラの新鋭演奏家。ソプラノ大御所歌手ジョゼフィーン・バーストウが語り、サンタ・チェチーリア管の首席クラリネットのアレッサンドロ・カルボナーレらがソリストとして参加しているのも注目。パッパーノはこの演奏・録音に関して「バーンスタインへの感謝」を表現しており、最高で最新の演奏をバーンスタインへの贈り物としています。

Buy

TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手
レコチョク
e-onkyo music

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify

Antonio Pappano/アントニオ・パッパーノSaint-Saens:Symphonie avec orgue, Le Carnaval des animaux / サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」、組曲「動物の謝肉祭」(SACDハイブリッド)

  • ALBUM
  • CD
  • 再販

2017.10.25 発売 ¥3,000+税/WPCS-13725

Buy

Amazon
TOWER RECORDS ONLINE
HMV&BOOKS online

Download

iTunes から入手

Streaming

Apple Music で聴く
Spotify

Playlistおすすめプレイリスト

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS