Artist img witoldmalcuzynski

Witold Malcuzynskiヴィトルト・マウツジンスキ

Latest Release

  • ALBUM
  • CD
  • 輸入盤

The Polish Master Pianist / EMI録音集 (ICON)【輸入盤】

往年の名ピアニスト、マウツジンスキはショパン弾きとして有名ですが、実際のレパートリーは幅広く、ブラームスやベートーヴェンでもヴィルトゥオーゾ・スタイルの豪快な演奏を聴かせていました。 レコーディングはロンドンで成功を収めてからのEMIへのセッション録音が代表作といえ、この、Warner Classics ICON シリーズから登場するこの8枚組ボックスで、同社の保有するEMI音源により、それらの多くを聴くことができるようになったのは朗報です。 昔から有名な、ワルター・ジュスキントとのショパン:ピアノ協奏曲第2番、ニコライ・マルコとのチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番のほか、多くの協奏曲やソロ録音でその豪快な芸風を味わうことができます。 【プロフィール】 ヴィトルト・マウツジンスキ(マウツジニスキ、マルクジンスキとも)[1914-1977]は、ポーランドのヴィルナ近郊に誕生。少年時代にイェジー・レフェルトに教えを受け、ワルシャワ音楽院ではブゾーニ門下のユゼフ・トゥルツジンスキに師事。並行してワルシャワ大学で法学と哲学を学び、音楽院卒業後は晩年のパデレフスキの薫陶を受け、翌1937年、第3回ショパン国際コンクールで第3位に入賞。 翌年にはパリに移り、マルグリット・ロンとイシドール・フィリップのもとで研鑽を積み、1940年、パリ・デビューを果たしますが、戦火を避けて南米に渡り、1942年にカーネギー・ホール・デビューします。 1945年、戦争が終わると拠点をスイスに移し、ロンドン・デビューをおこなうなど国際的な活躍をするようになり、1958年にはポーランドに20年ぶりに帰還してもいます。そして翌々年の1960年には、ワルシャワで開かれたショパン生誕150年祭で18回のコンサートをおこなって大評判となり、ワルシャワ・ショパン協会の名誉会員に選ばれ、ショパン・コンクールの審査員も務めました。翌1961年には初の来日公演をおこなってもいます。

2013.10.08 発売/9990.19244

WARNER MUSIC JAPAN SPECIALS